韓国在住ふじこの備忘録

韓国在住5年目のふじこが自由気ままに色々語るブログです。

【MBC】「獄中花」が週末劇に華麗に登板 「感覚的なストーリーと洗練美」


【スポンサーリンク】

こんばんは♪(・ ∞ ・)

 

珍しく2回目の更新です!

 

昨日から放送されたMBCドラマ「獄中花」の記事がアップされていたので

日本語翻訳でご紹介します^^

 

「獄中花」が週末劇に華麗に登板 「感覚的なストーリーと清廉美」

 

 

「獄中花」が初回から感覚的なストーリーと華麗な映像およびアクションで華麗に週末劇に登壇した。

 

MBC創社55周年特別企画「獄中花」(演出イ・ビョンフン/脚本チェ・ワンギュ/製作(株)キム・ジョンハクプロダクション)は4月30日夜10時、初放送にて監獄で生まれた天才少女・オクニョ(チョン・ダビン)の劇的な誕生と成長を扱い視聴者の視線を集めた。

 

オクニョは母のガビ(ペ・グリン)が怪漢に追いかけられ刺されたが、チ・チャンドゥク(チョン・ウンピョ)の助けで現在の刑務所にあたる「典獄署」で生まれ、監獄で育ち茶母となる。

 

オクニョがイ・ジハム(チュ・ジンモ)、チョン・ウチ(イ・セチャン)と監獄の奇人たちからこの世の知恵と知識を学び、賢い少女として育つ過程が早いペースで展開された。オクニョを演じるチョン・ダビンは子役時代の美貌を維持したまま、さらに成熟した演技力で明るく賢い天才少女を上手く消化し、視聴者から熱い反応を得た。

 

オクニョの華やかなイメージとは対比される強烈な悪役の活躍も「名脇役」の役割を十分にこなしている。チョン・ジュノは姉の文定王后(キム・ミスク)をバックに権力を振り回し、任務に失敗した部下を容赦なく殺害するほど残酷なユン・ウォニョンを完璧に消化し、悪役としての変身に成功した。パク・チュミもやはり典獄署でも凛とした姿を見せる妓生のチョン・ナンジョンとして強い印象を残し、キム・ミスクと共に今後悪役として劇の緊張感を高めることを期待させた。

 

「獄中花」はストーリーと演技力はもちろん、華麗な映像美で面白さを見せた。ドラマで初披露された典獄署は、円形の構造とこれを活用した躍動的なカメラワークで視聴者の視線を固定させた。またガビが怪漢を避け、逃亡する過程で海辺と竹の中で繰り広げられた華麗なアクションシーンは映画を彷彿とさせる迫力を見せた。

 

「獄中花」1話はユン・ウォニョンがイ・ジハムに会いに典獄署を訪ね、今後の運命を教えてくれと言う場面で終わり、次の回に対する期待を一層高めた。イ・ジハムは自分ではなくオクニョが能力があるとオクニョを紹介し、ウォニョンを怒らせた。

 

もうすぐ公開される2話の予告編でウョニョンが「こんな幼い女の子が神明な才能を持ったんだな。この女はどうして典獄署にいるのだ?」と尋ねるシーンが登場し、これに続いてオクニョが自分をウォニョンの娘であると言い、好奇心を刺激した。1話には登場しなかった主人公、ミステリーな人物であるユン・テウォン(コ・ス)がオクニョと出会うシーンで予告編が終わり、今後オクニョを中心に展開される葛藤を予告した。

 

一方「獄中花」は監獄で生まれた天才少女のオクニョと、朝鮮商団のミステリーな人物ユン・テウォンのアドベンチャー史劇で、1999年「ホジュン 宮廷医官への道」と2001年「商道 -サンド- 」の興行を生んだ「ヒット製作機」イ・ビョンフン監督とチェ・ワンギュ作家が16年ぶりに意気投合し多くの期待を集めている。今日(1日)夜10時、2話が放送される予定だ。

 

 

1つ前の記事でも書きましたがチョン・ダビンちゃんが本当にキレイでかわいいです><

そして主役だけでなく助演の方々の演技がすごい!

チョン・ジュノの悪役に期待ですニヤリ

 

上の記事にあるとおり、アクションシーンも見どころのうちの1つです^^

映像がとてもきれいで迫力があります!

 

後ほど放送される第2話からはついにコ・スが登場!

楽しみです♪

 

それではあんにょーん♪(^_^)/~~