おすすめ韓国語教材はこちら☆

【韓国で働く】韓国在宅フリーランス翻訳家のメリット・デメリット

ふじこ

こんにちは。管理人のふじこ(@fujikorea113)です。

私は韓国に住みながら、在宅で韓国語→日本語翻訳の仕事をしています。

韓国在宅フリーランス翻訳家ってあまり知られていないような気がするので、

今日は私が普段感じている仕事のメリット・デメリットをご紹介したいと思います!

 

韓国在宅フリーランス翻訳家のメリット

メリット

  • ある程度、働く時間が自由に調節できる
  • 通勤・退勤に時間がかからない
  • パソコンさえあれば好きな場所で働ける
  • ほぼメールだけで解決する

それでは1つずつ見ていきたいと思います!

 

ある程度、働く時間が自由に調節できる

仕事が決まれば、あとは納期を守って仕事をするだけなので

その間の時間の使い方は自由です。

一気に仕事を片付けるもよし、数日に分けて仕事をするもよし、ある程度時間を自由に使うことができます。

働く時間が調節できるので、休憩時間ももちろん調節できます。

家で仕事しているので、ちょっと一休みでベッドでゴロゴロなんてこともできます(笑)

 

通勤・退勤に時間がかからない

これは一番のメリットかもしれません・・・!

会社勤めしていたら、9時~10時出勤が多いと思いますが、通勤ラッシュすごいですよね。。。

私も以前、会社に出勤していた時は体力がないので通勤・退勤だけでヘトヘトでした><

 

家で仕事しているので、起床後、即仕事開始!なんてこともできます。

仕事が終わればすぐに休むこともできるので通勤・退勤のストレスは一切ありません^^

 

パソコンさえあれば好きな場所で働ける

これもすごく良いところだと思います。

私は翻訳する時にtradosという翻訳プログラムを使っているので、

パソコンとこのプログラムさえあればどこでも仕事できます。

tradosについては↓

【韓国で働く】翻訳ツール「trados(トラドス)」使用レビュー (韓国語翻訳)

 

好きな場所で働けるということは、一時帰国も自由にできるということ!

私が在宅フリーランスで仕事をしたいと思ったこと理由の一つに、

いつでも日本に帰れる状態にしたいということがありました。

 

なので昨年は2~3か月に1度日本に帰ることができ、

ノートパソコンを持っていて日本でも仕事してました!

ノマドワーカーですね^^

 

ほぼメールだけで解決する

これは人によると思いますが、私は典型的な人見知り・コミュ障なので

人と話すのが苦手です←

 

翻訳の仕事はほぼメールだけでやり取りするので、そんな私にはもってこいの仕事です。

たまに電話で確認したりすることもありますが、ほぼメールやカトクだけで解決します^^

 

韓国在宅フリーランス翻訳家のデメリット

デメリット

  • いつ仕事の依頼が来るかわからない
  • 収入が不安定
  • 土日休みという訳ではない
  • 深刻な運動不足

それではデメリットも一つずつ見ていきます。

 

いつ仕事の依頼が来るかわからない

今回この記事を書きたかったのは、これを伝えたかったからなんです。

先ほどメリットで「ある程度時間が自由」と書きましたが、ある程度、がミソなんです(笑)

 

仕事が決まればその後は自由ですが、その仕事がいつ来るかわからないんです><

私は翻訳会社に4件登録しているのですが、仕事が来るタイミングは本当にバラバラです。

朝来る会社もあれば、夜来る会社もあり・・・。

先ほども書きましたが、やり取りはほぼメールなので、常にスマホをチェックしている必要があります。

 

基本的に依頼メールが来たら、即返信してます。

日本の翻訳会社は登録したことがないのでわかりませんが、韓国の翻訳会社は納期が超キツキツなので

すぐにファイルを確認して返信しないといけません><

 

収入が不安定

これもフリーランスの大きなデメリットですよね。

働いた分だけが給料となるので、毎月収入がバラバラです。

翻訳家として働き始めて今年で3年目となりますが、最近やっと安定してきました^^;

でもまたいつ減ってしまうかわからないので、難しい問題ですね。

 

土日休みという訳ではない

ある程度時間は自由に使えるといいましたが、土日が休みというわけではありません。

むしろ土日の方が仕事が忙しいことが多いです。

なぜなら、金曜日に仕事が入り、納期が月曜日の朝までということが多いからです。

となると土日に仕事をするしかないですよね><

毎週同じスケジュールで過ごしたい方には、フリーランスは向かないかもしれません。

 

深刻な運動不足

一日中座ってパソコン作業な上に、通勤・退勤がないので本当に運動不足がひどいです。

これはジムに通ったりストレッチしたり、自分で調節するしかないですね^^;

今年こそはジムに通うぞ・・・!(毎年言ってる)

 

まとめ

以上、韓国在宅フリーランス翻訳家のメリット・デメリットでした。

完璧に自由に時間を使えるように見えて、実はそうではないというのが意外な点ではないでしょうか?

でもパソコンさえあればどこでも仕事することはできるので、そういう点では自由度が高く、

海外在住者には特におすすめの仕事だと思います!

 

それではあんにょーん♪(^_^)/~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です