おすすめ韓国語教材はこちら☆

국가대표 & 도가니

こんばんは♪(-ω-)/

昨日見た映画^^

rr.jpg
국가대표(国家代表)

ドラマ&スポーツ
監督:キム・ヨンファ
出演:ハ・ジョンウ、キム・ドンウク、キム・ジソク、イ・ジェヨン、チェ・ジェファン
封切り:2009年7月30日
「このゴミのようなヤツらと何をするつもりです?」不純な目的(?)で大韓民国の国家代表になった男たち

1996年全羅北道茂朱、冬季オリンピック誘致のために正式種目の一つであるスキージャンプの国家代表チームが急編成される。元子供スキー教室講師パン・ジョンサム(ソン・ドンイル)が国家代表コーチに任命されて、彼の口車に乗せられ精鋭(?)メンバーが集まる。元ジュニアアルペンスキー米国国家代表だったが、実の母を探して韓国に来たボブ(ハ・ジョンウ)、女なしでは一日も耐えられないナイトクラブのウェイターホンチョル(キム・ドンウク)、一日中炭火をおこして父の言うとおりに生きてきた焼肉屋の息子ジェボク(チェ・ジェファン)、祖母と弟の世話という重荷を抱えた口数の少ない少年家長チルグ(キム・ジソク)、そんな兄を心から愛する4次元弟ポング(イ・ジェウン)まで!パンコーチはまるで神様にでもなったように、母と一緒に住む家が必要なボブにはアパートを、愛と扶養家族のために彼らと一緒にいなければならないホンチョル、チルグ・ポング兄弟、そしてジェボクには軍免除を約束する。ただし、金メダルが取れればの話!
スキージャンプが何かも分からないが、ほんの少しスキーをしたことがあるという理由で選ばれた彼らが集まって、大韓民国初のスキージャンプ国家代表チームが結成される。しかしスキージャンプ(Ski Jump)のスペリングも分からないコーチと、経験が一度もない国家代表選手たちの訓練は前途多難だ。立派な練習場もなくジャンプ台の工事現場を転々としながら、まともな保護装具やジャンプスーツもなしで、バイクのヘルメットと工事現場の安全帽をかぶって、ほとんど裸同然で訓練に臨まなければならなかった。

「さあ、ワールドカップまであと一週間。そこで6位以内に入れば、すぐさまオリンピックだ!! 8チーム中6位も難しいのか?!」
いよいよ紆余曲折の末、オーバーストドルワールドカップに参加した、大韓民国スキージャンプ国家代表チーム。外国選手のあざ笑いと無視にも屈せず彼らは最善を尽くすが、想像外の事件により良い結果をおさめることができない。しかし、牛が後ずさりしてカエルを捉まえたように、思いもよらず長野冬季オリンピック出場資格を得ることになった大韓民国国家代表チームは、それぞれ故郷に錦を飾ろうとオリンピック進出の夢に膨らむ。しかし韓国は冬季オリンピック開催地選定に脱落し、スキージャンプ国家代表チームは解体の危機に陥る。軍免除のために、母を探すために、そんな個人的な事情を越え、スキージャンプに対する愛情と情熱、そしてチャレンジ精神だけで競技出場を待ち望むが…。

果たして彼らは、無事に這い上がることができるだろうか?

@イノライフ

ずーっと見たいと思っててダウンロードもしてあったのに
なんかタイミング逃してた映画。笑

김지석さーん!!ㅋㅋ
논스톱5でヒョジュの良い先輩役で出てたころから目付けてた\(^o^)/笑
だからどうしたって話ですがw

コメディーで面白かったです^^

続いてもう1本。

toga.jpg
도가니(るつぼ)

ドラマ
監督:ファン・ドンヒョク
俳優:コン・ユ、チョン・ユミ
封切り:2011年9月22日
2011年、大韓民国の心を動かす真実が訪ねてくる。

信じられない事実だが、これはある聴覚障害児の学校で実際に起きた事件だ。
2000年から5年間、聴覚障害児を相手に校長と教師たちは、非人間的な性暴行と虐待を犯した。認めたくないがこの話は事実だ。

今や、この惨い事実に向き合わなければならない時間だ。

@イノライフ

これ実話って言うのが本当に信じられないですね。。。
공유も子役の子たちも演技上手すぎです><

梅雨の映画鑑賞なかなか有意義にすごしてます♪

そして
081207_01.jpg

완득이(ワンドゥギ)

今↑を学校の図書館から借りてきて読んでいます^^
知らずに借りたんですがこれも映画化されてるんですね!
読み終わったら映画も見ようと思います。

Lss.jpg
TV동화 행복한 세상 10(TV童話 幸せな世界 10)

これも同じく図書館から借りてきて読んでます^^
KBSのTV童話を本にしたものです。イラストもあり内容もやさしいので
韓国語の勉強に良いと思います♪

それではあんにょん~♪(^^)/~~~


クリックしてくださると嬉しいです♪(*^_^*)
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です