大人気!カカオフレンズについて♪

【韓国大学院】論文検索の方法

こんにちは♪(・ ∞ ・)

f:id:fujikorea:20170309171337p:plain

今回は論文検索の方法について
書きたいと思います。

まずは日本の論文検索サイトです。

cinii

こちらが代表的なサイトです。

ですが日本は論文の題名、著者、掲載誌は確認出来るのですが
中身を読むことが出来ないものが多いです(TωT)

韓国に住んでいると気軽に日本の図書館に行けるわけでもないので
とても不便です。。。

私の通っていた大学院では
図書館で1学期に論文10本まで無料で
取り寄せが出来たので助かりました^^

ちなみに修士では1学期に50万ウォン分
本が注文できました!外国の本も可!

図書館にない本でかつ学術的な本に限られていましたが
研究に必要な本代も結構かかるのでありがたかったです^^

そして韓国の論文検索サイトはこちら↓

RISS
KISS
DBpia
교보문고스콜라

などなど。

韓国は日本と違ってどの論文もネットで見ることが出来るので
とてもありがたいです!!

有料なものもありますがほとんど無料です。
有料でも学校で見ると無料になったりします^^

修士論文や博士論文も検索できて
すぐ読めるので怖いといえば怖くもあります。笑

ですが先行研究探しにはもってこいの韓国です!
あんまり論文について書いているブログを見かけたことがなかったので
書いてみました^^

以上で韓国の大学院まとめ記事は終了です~。

現在韓国の大学院に在学中の方、
これから韓国で大学院進学される方、
大変だと思いますが応援しています!^^

それではあんにょーん♪(^_^)/~~

2 Comments

ずんだ

SECRET: 0
PASS:
ふじこさん はじめまして。
私は、2013年に日本の某国立大学大学院修士課程を修了(卒業)した者です。
私のリンク先のブログは韓国アイドルヲタ丸出しなので、すごーくお恥ずかしいのすが(笑)
さて、ふじこさんの記事は日本とは違う韓国大学院の様子がよく分かり、とても興味深いものでした。
丁寧に書いてくださり、ありがとうございました。
ところで、ふじこさんはこの一連の記事の一番最初に、記事全体の構成を目次のように書かれていましたよね?
これって、修士論文を書いた者の「あるある」だと思います。
というのも、私自身もブログ記事を書くとき、これと同じように、最初に記事全体の構成を書くことが多いからです。
さて、この記事は一区切りされたようですが、過去記事もとても面白そうなので、これから少しずつ読ませていただきますね。
では、またお邪魔させていただきます!

返信する
ふじこ

SECRET: 0
PASS:
>ずんださん
はじめまして。
毎日いいねしてくださって嬉しかったです!
コメントもありがとうございます(*^^*)
やはり日本の大学院と違う部分ありますよね。
周りに日本の大学院に通っていた方がいなくてあまり実感がわかなかったのですが、実際に通われていた方からコメント頂けて嬉しいです。
やはり修士論文あるあるでしたか!笑
簡単なブログ記事書くのにも起承転結を気にしたり、全体の構成を考えてしまうんですよね^^;
後ほど番外編を1記事アップしてまとめ記事終了になります~(^^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です